介護における技能実習制度関連情報

問題のある受入れについて制度を再検討

介護技能実習制度のお役立ち情報を当サイト「介護における技能実習制度関連情報」ではお届けしています。
お役立ち情報コンテンツをまずは参考にしてみてください。

 

問題のある受入れに関する制度を政府にて再検討し、今後トラブルが発生しないようもう一度外国人を受入れするためのルールを整備し、来日してくる研修生・技能実習生の権利などを明確するためを目的として制度の改革が実施されました。

 

この「外国人研修制度」というのは、新制度と同様に「日本のが誇る優れた技能を開発途上国の方に学んでもらい国際貢献を担うための制度」です。

 

「外国人技能実習制度」というのは、従来「外国人研修生制度」と呼ばれるほぼ同じ内容の制度により長年運用されてきていました。これまでの研修生制度と何が違うのか気になるところです。

 

しかしながら本来目的にしていることを十分に理解することが出来ず、トラブルを抱える受入れを行う事例が多数発生しており、早急な対応を求められていたのです。

 

平成22年7月1日から現代的入管法が施行され、研修と技能実習制度が最新制度の下で運用されてきています。

 

従来1年目は「研修」であり、2年目から「特定活動(技能実習)」という在留資格において来日していたのですが、ニュー制度になったことで1年目は「技能実習1号」、そして2年目は「技能実習2号」という在留資格に変更されることとなり、それぞれに法令などで資格や義務・権利等の詳細が定義されることになりました。